Eastern Osaka東部大阪(北河内・中河内)

list_easthern

生駒から金剛にかけて連なる山々のふもとに広がる「東部大阪エリア」。門真市や守口市、東大阪市など、河内と呼ばれるこのエリアは、小さなネジから電化製品、そして人工衛星までもがつくられる、「ものづくりの大阪」を代表する場所です。ほかにも、盆踊りに欠かせない河内音頭や大阪産のワインなどもここが発祥。古くから人々の信仰を集めてきたスポットも数多くあります。

e_osaka_p01s

大阪が誇る「ものづくり」の街

人々の生活を便利にし、それを支えてきた家電製品の多くはここ東部大阪でつくられてきました。松下幸之助 歴史館では、家電製品の歴史や製造過程などが展示されています。また、クリエイション・コア東大阪は、ボルトナットからロボット、ナノテクノロジー、人工衛星にいたるまで、世界に誇る技術を持つ中小企業の真髄を体感できるところです。

生駒~金剛山系から大阪を眺めたら......

生駒から金剛にかけて、まるで大阪の街を囲む城壁のように連なる山々。このあたりは「府民の森」として、ハイキングや森林浴、キャンプ、バードウォッチング、アスレチックなど、自然を肌で感じて楽しめる施設が充実しています。桜、紫陽花、山野草などの花々や新緑・紅葉の木々の彩りは、季節を越えて楽しめます。山頂付近からは、大阪平野はもちろん、関空や淡路島、神戸界隈まで見渡せます。

e_osaka_p02s

国内最大級の木床板人道吊り橋

"星のブランコ"と呼ばれている木床板人道吊り橋は、国内最大級の規模を誇ります。地上高50mの空中散歩はスリル満点。園地内にはさまざまなハイキングコースがあり、森林浴やバードウォッチングも楽しみのひとつ。クライミングウォールも各地からの利用者で賑わいます。

e_osaka_p03s

人気の「お参り」スポット

文楽の「お染・久松心中物語」や落語の「野崎参り」で知られる野崎観音(慈眼寺)は、300年前から多くの人が信仰するお寺としてにぎわっています。石切神社もでんぼ(腫れ物)の神様が発展して、いまや病気平癒で有名。「えんやこらせーどっこいせ」でおなじみの河内音頭発祥の地とされる常光寺は、毎年夏の地蔵会式盆踊りが大いに盛り上がることでも知られています。

e_osaka_p04s

河内のワイン

柏原界隈の山肌に広がるブドウ畑。ここではマスカットやベリーAなどさまざまな品種がつくられ、ぶどう狩りなども楽しめます。なかでも注目は「ワイン」。90年以上の歴史をもつ醸造所でつくられるワインは、日本の風土に合った味を目指した独自の風味。カタシモワイナリー河内ワイン館(羽曳野市)では、製造過程の見学やテイスティングができます。

村野高札場

江戸時代の掲示板。

暗峠 (くらがりとうげ)

芭蕉も詠んだ暗がりの峠。

布施戎神社

商売繁盛を願って、福笹をお授けします。

若江鏡神社

大切な水との深い縁を持つ。

瓢簞山(ひょうたんやま)稲荷神社

ここは全国的にも珍しい「辻占い」が、今も盛んなことで有名。

大龍寺

龍を祀るために開かれたお寺。

大坂夏の陣古戦場跡

大坂城をめぐる決戦。

安福寺横穴群

ひっそりたたずむ古代の穴。

安福寺

緑に囲まれた歴史ある寺。

田辺廃寺跡

薬師寺式の伽藍配置遺構が残る。

松岳山古墳

謎多き松岳山古墳。

金山彦神社

鉱工業の神・金山彦をまつる神社。

金山媛神社

日本最古の貴金属の神様。

光徳寺

地名にもなった、今は無き雁林堂(がんりんどう)。

石(いわ)神社

境内にある天然記念物のくすの木は必見。

柏原黒田神社

別名は「黒田さん」です。

諸福天満宮

色鮮やかな本殿は江戸初期の権現(ごんげん)造り。

飯盛城跡

その昔、ここは政治の中心だった。

東市立 歴史とスポーツふれあいセンター

旧石器時代からの孝行資料や民俗資料をわかりやすく展示。

禁野車塚古墳

ツチノコの言い伝えが残る古墳。

PAGE TOP