Eastern Osaka東部大阪(北河内・中河内)

list_easthern

生駒から金剛にかけて連なる山々のふもとに広がる「東部大阪エリア」。門真市や守口市、東大阪市など、河内と呼ばれるこのエリアは、小さなネジから電化製品、そして人工衛星までもがつくられる、「ものづくりの大阪」を代表する場所です。ほかにも、盆踊りに欠かせない河内音頭や大阪産のワインなどもここが発祥。古くから人々の信仰を集めてきたスポットも数多くあります。

e_osaka_p01s

大阪が誇る「ものづくり」の街

人々の生活を便利にし、それを支えてきた家電製品の多くはここ東部大阪でつくられてきました。松下幸之助 歴史館では、家電製品の歴史や製造過程などが展示されています。また、クリエイション・コア東大阪は、ボルトナットからロボット、ナノテクノロジー、人工衛星にいたるまで、世界に誇る技術を持つ中小企業の真髄を体感できるところです。

生駒~金剛山系から大阪を眺めたら......

生駒から金剛にかけて、まるで大阪の街を囲む城壁のように連なる山々。このあたりは「府民の森」として、ハイキングや森林浴、キャンプ、バードウォッチング、アスレチックなど、自然を肌で感じて楽しめる施設が充実しています。桜、紫陽花、山野草などの花々や新緑・紅葉の木々の彩りは、季節を越えて楽しめます。山頂付近からは、大阪平野はもちろん、関空や淡路島、神戸界隈まで見渡せます。

e_osaka_p02s

国内最大級の木床板人道吊り橋

"星のブランコ"と呼ばれている木床板人道吊り橋は、国内最大級の規模を誇ります。地上高50mの空中散歩はスリル満点。園地内にはさまざまなハイキングコースがあり、森林浴やバードウォッチングも楽しみのひとつ。クライミングウォールも各地からの利用者で賑わいます。

e_osaka_p03s

人気の「お参り」スポット

文楽の「お染・久松心中物語」や落語の「野崎参り」で知られる野崎観音(慈眼寺)は、300年前から多くの人が信仰するお寺としてにぎわっています。石切神社もでんぼ(腫れ物)の神様が発展して、いまや病気平癒で有名。「えんやこらせーどっこいせ」でおなじみの河内音頭発祥の地とされる常光寺は、毎年夏の地蔵会式盆踊りが大いに盛り上がることでも知られています。

e_osaka_p04s

河内のワイン

柏原界隈の山肌に広がるブドウ畑。ここではマスカットやベリーAなどさまざまな品種がつくられ、ぶどう狩りなども楽しめます。なかでも注目は「ワイン」。90年以上の歴史をもつ醸造所でつくられるワインは、日本の風土に合った味を目指した独自の風味。カタシモワイナリー河内ワイン館(羽曳野市)では、製造過程の見学やテイスティングができます。

野崎観音(慈眼寺)

小唄や浄瑠璃、上方落語にも登場する野崎の観音さん。毎年5月1~10日の「野崎参り」は大勢の参拝者で賑わう。

成田山不動尊

人車一体で交通安全を祈念した寺院として知られ、年に20万台が祈祷に訪れている。近畿36不動尊霊場の第28番でもある。

星田妙見宮

七夕伝説発祥の地・交野市。天から降った星を祀る神社では7月7日、境内を笹飾りが埋め尽くす。

有限会社 浅井金型製作所

日常よく見かけるプラスティック製品を作るに必要な金型。その金型についての講習とネームプレート作りで、ものづくりの楽しさを体験。

マツシロ株式会社

頻繁にお世話になっているぺーパーバッグ。その生産市場約5割のシェアを占める、ベーパーバッグ業界の最大手メーカーでの製造行程を見学。

水生生物センター

天然記念物や絶滅が危惧される水生生物が観察できる。

京阪電気鉄道株式会社 寝屋川車両工場

鉄道の安全性や利便性について考える。

だんじり工芸 (株式会社彫忠)

彫刻家としてだんじりに魅せられた社長が、だんじり太鼓の制作をしている。

関西リサイクルシステムズ株式会社

近畿地区で最大の処理能力を有する大型のリサイクルプラント。

川村義肢株式会社 大東本社

1946年創業。義肢装具製作所としては世界最大規模の工場。実際にきて・みて・さわれる見学で、ハート・バリアフリーの気持ちを実感。

株式会社富士製作所

高度熟練技能者として認定された工場長のもと、振動してもゆるまないナット等、高品質ネジを製造。

機物神社(はたもの神社)

七夕伝説発祥の地。織姫である天棚機比売大神をお祀りしている神社。

パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館

松下電気の創業者、松下幸之助の生涯や人物像を知ることができる資料館。

PAGE TOP