Nakanoshima中之島周辺(北浜・淀屋橋・本町)

list_nakanoshima

「水」にはぐくまれたまち

淀川の支流・大川は、天満のあたりで堂島川土佐堀川に分岐します。その中洲の部分にあたるのが「中之島」。大阪市役所をはじめ、大阪のビジネス・行政の中枢が、この中之島を中心に東西南北へと広がっています。現在の繁栄の礎を築いたのは、なんといっても「水」の力が大きく関係しています。 水運に恵まれた堂島・中之島付近は、京都や奈良、そして北海道や江戸とも結ぶ船が行き交い、各藩の蔵屋敷も多く設けられました。モノや人が集まったこの場所で、"商いの精神"が生まれ、学問、繊維産業の街として知られるようになったのです。その中で育まれてきた大阪の歴史・文化・芸術を十分に感じることができる施設が多く存在します。

naka_p01s

水の都 大阪を堪能できるスポット

世界的にも珍しいまちの構造を持った大阪は、都心部を囲む川を「水の回廊」と位置づけ「水の都」としての歴史を育んできました。天下の台所と呼ばれた江戸時代から、東洋のマンチェスターといわれた近代まで、市内にめぐらされた堀川から受けた恩恵ははかり知れません。 今でもまちなかに残る水の回廊を生かした取り組みが、現在ダイナミックに進行中。イベントの開催だけではなく、船着場や水辺のオープンカフェやレストランなどが整備され、親水空間がどんどん増えています。中之島をぐるりと周回する水上バス・アクアライナー落語家と行く なにわ探検クルーズなど、バドルボードなど、水上散歩ができるメニューも多彩です。

naka_p02s

文化と芸術を堪能

世界でも珍しい完全地下型美術館の国立国際美術館や、青磁・白磁などの逸品で知られる大阪市立東洋陶磁美術館、楽しみながら科学を学べる大阪市立科学館など、文化・芸術に関するスポットが充実しているのも中之島の特徴。レンガ造りの大阪市中央公会堂や石造りの大阪府立中之島図書館といったレトロな建物を眺めながら、のんびりと散策してみるのもおすすめです。

「商いの精神」を育んだ街

古くは天下の台所のシンボルといわれた堂島米市場や、近世から近代にかけて重工業や金融で日本経済を支えた財閥系の企業も中之島周辺に集まっていました。中之島は大大阪と呼ばれた商業の街・大阪の心臓部だったのです。堺筋本町近くにある大阪企業家ミュージアムでは、大阪を舞台に活躍した企業家105人の事績が紹介されています。

naka_p03s

民間による「知の系譜」

中之島周辺は学問の中心地でもありました。江戸時代には豪商が出資した学問所・懐徳堂(1726年)が建てられ、江戸後期には天文学など洋学も発達。その系譜は、幕末の緒方洪庵による適塾(1838年開塾)へと受け継がれていきます。適塾では主に医学関係の蘭学が学ばれ、その精神は、明治にできた造幣局や舎密局によって、科学・化学の一層の発達へと結実しました。

大阪商工会議所

大阪の経済を活性させる様々な事業に取り組んでいる経済団体。大小の会議室や宴会場もある。

大阪府立労働センター(エル・おおさか)

地下鉄/京阪「天満橋」駅のすぐ近くに立地する、地下2階、地上11階の会館。大小33の会議室をはじめ、シアター(ホール)や宴会場のほか、ギャラリー、レッスンスタジオもある。

大阪市中央公会堂

文化、芸術、社会活動の場として利用されている大正時代のレトロ建築であり、大阪城天守閣とともに大阪市のシンボル。

北御堂(津村別院)

大阪市内を南北に走る御堂筋の名前の由来は、このお寺と南御堂から。

大阪市役所

市民ロビーには旧市庁舎に使われていたステンドグラスや花崗岩の壁を使用している。

土佐堀川

中之島の南側を流れる川。江戸時代には岸沿いに各藩の蔵屋敷が建ち並び、諸国の物産を積んだ船の出入りで賑わっていた。

堂島川

中之島の北側を流れ、大阪の商業の発展を支えた江戸時代からある川。

朝日新聞大阪本社

1879年に大阪・江戸堀で創刊。新聞・雑誌の閲覧コーナーのほか、新聞発行の見学や新聞づくり講習会もある。

アサコムホール(朝日新聞大阪本社広報宣伝センター)

新聞・雑誌閲覧コーナーや、新聞制作コーナー、新聞発行の工程を見学するコースなどが設けられている朝日新聞大阪本社の施設。

常安橋

江戸時代の木材商・淀屋常安によって、土佐堀川に架設された橋。

日本銀行大阪支店旧館

緑青の色が美しい円屋根をもつレンガと石造りの本格的洋風建築。内部見学も可能。

大阪府立中之島図書館

石造り三層、銅葺きのドームがそびえる重厚な建物で、古文書や大阪関連の文献、ビジネス関係図書を所蔵。国の重要文化財。

栴檀木橋(せんだんのきばし)

中之島図書館や中央公会堂など歴史的建築物のビューポイントともなっている橋。

鉾流橋(ほこながしばし)

堂島川に架かる橋で、毎年7月24日の朝には天神祭の行事のひとつである「鉾流神事」が橋のたもとで行われる。

水晶橋

もとは堂島川可動堰として建てられたが、現在は歩行者専用橋となり、植栽やベンチが設置されている。

大阪市立科学館

「宇宙とエネルギー」をテーマとした200もの体験型展示や、サイエンスショー、プラネタリウムなどで、子どもから大人まで楽しめる。

肥後橋

土佐堀川に架かり、かつてはその北詰に肥後・熊本藩の蔵屋敷があった古くからの橋。

大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)

中之島に立地し、各種会議、コンサート、展示会など多目的に活用できる国際会議場。

大阪市立東洋陶磁美術館

「安宅コレクション」をはじめとする約4000点の東洋陶器を所蔵。うち2点が国宝、13点が重要文化財。 改修工事のため2016年2月1日(月)~3月31日(木)[予定]まで休館。

藤田美術館

明治の豪商・藤田伝三郎父子の東洋古美術品約5000件を収蔵している。うち9件が国宝、50件が重要文化財。

PAGE TOP