Northern Osaka北大阪(北摂)

list_northern

京から山陽道へ抜ける西国街道が走り、かつては豪族や寺社の荘園が広がっていた「北大阪エリア」。「北摂」として親しまれているこの一帯は、古くから欧風のライフスタイルが根付き高級住宅街が開発された豊中、池田、箕面、そして大阪万博を境に開発が進んだ吹田、茨木などがあります。今も身近に自然のうるおいや歴史の色が濃く残り、落ち着いた雰囲気が漂います。

n_osaka_p01s

まずは、太陽の塔をごらんあれ。

南の空に黄金に輝く顔を向け、凛と立つ太陽の塔。1970年に日本中が沸き立った万国博覧会の折、岡本太郎氏が会場のシンボルとしてつくった芸術作品です。その下に広がるのは、敷地面積260万平方メートルの万博公園。公園内には四季折々に草花や木々の緑を楽しむことができる日本庭園自然文化園をはじめ、世界のさまざまな文化に触れることができる国立民族学博物館などがあります。一日いても飽きませんよ。

n_osaka_p02s

オオサカの自然を遊ぶ。

活気あふれる大阪の街からほんの1時間で、たっぷり"緑の大阪"を楽しめます。摂津峡は、住宅地から少し山間に入っただけなのに、夏にはホタルが舞うほど清流が涼やか。新緑と紅葉で太閤さんも愛したといわれる明治の森箕面国定公園は、豊かな水をたたえる滝や温泉があるところ。赤く色づいた紅葉のてんぷらを食べたり、ときどき猿に出会ったりもできます。

n_osaka_p03s

美味しいものの秘密を紹介。

大阪の北には「天下の分け目」でおなじみの天王山が鎮座します。このあたりは、離宮の水(後鳥羽上皇の離宮跡から出ています)と呼ばれる関西きっての名水が湧き出るところ。そしてこの水の恩恵を受け、この地でつくられているのが世界に誇る国産ウイスキーやビール。その工場サントリー山崎蒸留所では、製造過程の見学やできたてのウイスキーを試飲できたりします。他にも、アサヒビール工場もあってお勧め。 それからこのエリアで忘れてならないのは、インスタントラーメン発明記念館。見学はもちろん、好きなスープと具材を選んでオリジナルのカップヌードル作りもできますよ。

n_osaka_p04s

能勢街道と北摂の歴史

江戸時代、大阪から池田を経て丹波や亀岡へと至る能勢街道は、能勢や川西、丹波で生産された栗、米、炭、銀銅や、池田で生産される酒、衣類などが行きかいました。街道の要所だった池田には池田城跡や古い町並みが残っています。能勢では、大阪で修行した義太夫が伝え、今に受け継いできたという浄瑠璃も淨るりシアターで見ることができます。ちょっと足を伸ばして箕面の勝尾寺で必勝祈願や能勢妙見山で開運祈願も根強い人気。かつてのお参りする人たちもこの道を通ったそうですよ。

吹田市立サッカースタジアム

何よりもピッチと観客席の近さに臨場感と一体感を感じるスタジアム。 そして反響する声援が選手に大きなパワーを与える。

生きているミュージアム NIFREL

「感性にふれる」をコンセプトにした、今までにない新たなジャンルの施設として、子供から大人まであらゆる人の感性を刺激し、豊かにします。

箕面温泉

大阪空港、新大阪駅から車で20分。箕面国定公園内に建つ癒しといで湯、静けさの宿。

サントリー山崎蒸溜所

今再び話題を呼んでるウィスキー。そのできるまでの工程を丁寧にご紹介。試飲ができる、お楽しみ付!

アサヒビール吹田工場

110年以上の歴史をもつ、アサヒビール発祥の地。予約制による無料見学コースでは、製造ライン見学のほか、できたてのビールの試飲などもできる。

箕面温泉スパーガーデン

温泉や遊びの施設が充実!梅田から30分の高原リゾートはいかが。

神洲温泉 あるごの湯

6つのお風呂と、本場韓国から取り寄せた炭窯を使用した2つの汗蒸幕、5つの房からなる岩盤浴設備で日頃の疲れを癒しましょう!

桜井駅跡

南北朝時代の名将、楠木正成が息子・正行と今生の決別をした地。歴史ファンに人気。

道の駅 能勢「くりの郷」

国道173号線沿いにあり、能勢町の玄関口の観光ステーションの役目を。観光案内はもちろん、能勢の特産物の紹介も。

pipin’s work (ピピンズワーク)

小川が流れ、山や田園に囲まれたところにちょこんと建つ、小さな小屋。それは消しゴムはんこと雑貨の小さなお店。

"世界のカワバタ"ゆかりの絵はがき

国内外への便りに重宝しそう川端康成ゆかりの写真コレクションの絵葉書

万博記念公園・日本庭園

日本庭園の伝統美に目を休ませる、贅沢な時間旅行。

ウォータープラザ

水の大切さについて、改めて認識を深めさせてくれる施設。実際の浄水工程を見学できる。

JT生命誌研究館 (日本たばこ産業株式会社)

生命」というものについて考える楽しさを伝える、新しい形の研究施設。

高槻市立文化会館(高槻現代劇場)

市民会館と文化ホールを併せ持つ、市民文化の拠点。

大阪大学総合学術博物館

昭和6年に竣工された待兼山修学館を利用して、平成19年8月にリニューアルオープン。約600点の学術標本資料を展示している。

Humobility World (ヒューモビリティワールド)

ダイハツ工業創立100周年記念ミュージアム。人と地球にやさしいクルマづくりをここに表現。クルマのことをもっと楽しくもっと深く知ることができる。

池田市立上方落語資料展示館 (落語みゅーじあむ)

「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」など、古典落語の舞台として登場する池田の地にちなんで、日本初の市立上方落語の資料を常設展示する資料展示館開館。

旧西尾住宅(吹田文化創造交流館)

江戸時代に庄屋を勤めた近代和風建築物住宅。離れなどの設計は、関西近代建築界の重鎮:武田五一氏。ちなみに吹田で最初に電話を設置したのは当家で、電話番号はその名残0001。

千里天神

菅原道真公を祀る神社。本殿は一間社流造りの形式で、市の有形文化財に指定されている。

PAGE TOP