Northern Osaka北大阪(北摂)

list_northern

京から山陽道へ抜ける西国街道が走り、かつては豪族や寺社の荘園が広がっていた「北大阪エリア」。「北摂」として親しまれているこの一帯は、古くから欧風のライフスタイルが根付き高級住宅街が開発された豊中、池田、箕面、そして大阪万博を境に開発が進んだ吹田、茨木などがあります。今も身近に自然のうるおいや歴史の色が濃く残り、落ち着いた雰囲気が漂います。

n_osaka_p01s

まずは、太陽の塔をごらんあれ。

南の空に黄金に輝く顔を向け、凛と立つ太陽の塔。1970年に日本中が沸き立った万国博覧会の折、岡本太郎氏が会場のシンボルとしてつくった芸術作品です。その下に広がるのは、敷地面積260万平方メートルの万博公園。公園内には四季折々に草花や木々の緑を楽しむことができる日本庭園自然文化園をはじめ、世界のさまざまな文化に触れることができる国立民族学博物館などがあります。一日いても飽きませんよ。

n_osaka_p02s

オオサカの自然を遊ぶ。

活気あふれる大阪の街からほんの1時間で、たっぷり"緑の大阪"を楽しめます。摂津峡は、住宅地から少し山間に入っただけなのに、夏にはホタルが舞うほど清流が涼やか。新緑と紅葉で太閤さんも愛したといわれる明治の森箕面国定公園は、豊かな水をたたえる滝や温泉があるところ。赤く色づいた紅葉のてんぷらを食べたり、ときどき猿に出会ったりもできます。

n_osaka_p03s

美味しいものの秘密を紹介。

大阪の北には「天下の分け目」でおなじみの天王山が鎮座します。このあたりは、離宮の水(後鳥羽上皇の離宮跡から出ています)と呼ばれる関西きっての名水が湧き出るところ。そしてこの水の恩恵を受け、この地でつくられているのが世界に誇る国産ウイスキーやビール。その工場サントリー山崎蒸留所では、製造過程の見学やできたてのウイスキーを試飲できたりします。他にも、アサヒビール工場もあってお勧め。 それからこのエリアで忘れてならないのは、インスタントラーメン発明記念館。見学はもちろん、好きなスープと具材を選んでオリジナルのカップヌードル作りもできますよ。

n_osaka_p04s

能勢街道と北摂の歴史

江戸時代、大阪から池田を経て丹波や亀岡へと至る能勢街道は、能勢や川西、丹波で生産された栗、米、炭、銀銅や、池田で生産される酒、衣類などが行きかいました。街道の要所だった池田には池田城跡や古い町並みが残っています。能勢では、大阪で修行した義太夫が伝え、今に受け継いできたという浄瑠璃も淨るりシアターで見ることができます。ちょっと足を伸ばして箕面の勝尾寺で必勝祈願や能勢妙見山で開運祈願も根強い人気。かつてのお参りする人たちもこの道を通ったそうですよ。

今城塚古墳

日本最大の家形埴輪などが出土した1500年前の古墳。

樫田浴場(高槻森林観光センター)

大阪から1時間以内で自然満喫、温泉満喫!環境に優しい温泉も人気。

池田文庫

タカラヅカから歌舞伎や映画まで、文芸・演劇の資料の宝庫。

川端康成先生旧跡

川端康成が旧制中学校を卒業するまで生活を送っていた祖父母の家があったことを示す石碑がある。

川端康成文学館

川端康成の著書、遺品、書簡、原稿や墨書のほか、模型・写真・初版本・ビデオなどゆかりの品約400点を常時展示。

堀廣旭堂(ほりこうきょくどう)

少年期の川端康成も通った老舗書店。創業当初の古い看板に長い歴史が垣間見える。

虎谷誠々堂書店

店名の由来は"誠心誠意、社会に役立つ店に"。茨木市が誇る名誉市民・川端康成が学生時代に通った書店。

東本願寺茨木別院

地元では「御坊さん」の愛称と巨大な伽藍でお馴染み。400年の歴史が刻む教如上人開創の寺へ。

紫金山公園

国の史跡を中心とした公園で、春にはツツジの花が園内を彩ります。

名月姫の墓

名月姫の悲しい物語を求めて...。

野間の大けやき

大阪みどりの百選・国の天然記念物に指定されているけやき。

野間神社

推古天皇の時代からの、長い歴史を持つ神社。

川西園

秋の味覚をおもいっきり楽しもう!

中政園

味覚狩りや、バーベキュー、農業体験までたっぷり満喫。

高槻しいたけセンター

採れたての椎茸を隣接するバーベキューレストランで召し上がれ。

大岩いも掘り園

さつまいも掘りができる観光農園。

観光農業 さかえ農園

豊かな自然環境と広大な栗園を持つ農園。

水越栗園

自然のまま、落ちたての栗拾いを楽しもう!

栗栖山栗園 錦亭

栗拾いや松茸狩り、いちご狩りなど体験できる。

能勢茸屋本舗

ここ能勢茸屋本舗はしいたけの専門店です。

PAGE TOP