Tennoji (Abeno), Shinsekai & Shinimamiya
天王寺・阿倍野・新世界

list_tennoji

街全体がアミューズメントパーク

通天閣ジャンジャン横丁で知られる新世界や、今宮戎神社のある新今宮などを含む、大阪市南部に位置するエリア。JR・大阪市営地下鉄・近鉄の駅が接続しており、関西国際空港や奈良へのアクセスも抜群です。動物園や美術館、寺社などの観光スポットに加えて、買い物や食事に便利な大型の商業施設も充実。2014年には地上300m、日本一の高さを誇る超高層ビル・あべのハルカスが開業、大阪の新しい顔として注目を集めています。

tennoji_p01s

なにわのシンボル・通天閣

今も下町情緒が漂う繁華街・新世界にそびえ立つ"なにわのエッフェル塔"通天閣。大阪を一望できる展望台をはじめ、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像も人気で、年間を通じて多くの観光客が訪れます。ジャンジャン横丁と呼ばれる通りには、串カツ屋、どて焼き屋、囲碁・将棋、スマートボールを楽しめる店などがあり、庶民的で昔ながらの風情を堪能できます。

tennoji_p02s

動物園と美術館が隣接

天王寺公園には、日本で3番目に歴史が古い天王寺動物園があります。ゾウやコアラなどのほか、日本ではここでしか見られないキーウィなど約230種類の動物がいます。また園内には、大阪市立美術館や植物温室、旧住友家の名園・慶沢園、古代豪族の墓といわれる茶臼山古墳など見どころが満載です。

tennoji_p04s

買い物スポットも充実

2011年にオープンしたキューズモールには、ファッションや雑貨、グルメなど、バラエティー豊かな約250店舗が入っています。徒歩圏内には、近鉄百貨店阿倍野店Hoopandといった個性豊かな大型商業施設があり、2014年にはあべのハルカスが開業。さらに上本町まで足を延ばせば、劇場とショップ、オフィスがある複合ビル・上本町YUFURAがあり、6階の新歌舞伎座では演劇やコンサートが開催されます。

tennoji_p03s

いにしえの香り漂う上町台地

四天王寺は、593年に聖徳太子が建立した日本初の本格的な仏教寺院。500点もの国宝・重要文化財を収蔵する宝物館など見どころがたくさん。そこから谷町筋を渡ったところにある愛染堂勝鬘院は縁結びで知られ、境内にある愛染めの霊水を飲むと愛が叶うといわれています。また周辺には、口縄坂や愛染坂などの天王寺七坂があり、風情ある佇まいを今も残しています。南へ足を延ばすと、全国2300社余りある住吉神社の総本宮・住吉大社があります。古くから航海安全の神として信仰されており、大阪で最も多くの初詣参拝客が訪れる神社です。

林芙美子 文学碑

大阪市内の描写が随所に描かれている「めし」の一文。

織田作之助 文学碑

七坂に鎮座する作之助の文学碑。古きよき大阪への作者自身のノスタルジーが漂う「木の都」の一文。

折口信夫 文学碑

折口信夫全集第28巻の中の「増井の清水の感覚」と題した文に収められている。

一心寺

「お骨佛の寺」として知られ、納骨堂には人骨でつくられた戦後の「お骨佛」6体が安置されている。

通天閣

なにわのシンボル「大阪のエッフェル塔」。5階には大阪を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像が。

大阪人権博物館(リバティおおさか)

日本初の人権に関する総合博物館。「私が向き合う日本社会の差別と人権」を統一テーマに総合展示を行っている。

今宮戎神社

福徳を授ける神、商業の繁栄を祈念する神として篤く信仰される大阪の「えべっさん」。「十日戎」には、約100万人の参詣者が。

新世界

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な、大阪市南部の下町。映画「自虐の詩」の舞台設定もこのエリア近郊。映画の雰囲気そのものがここに息づいている。

平野せせらぎの里

自然豊かな里をイメージした園内には、小川や水田、水車小屋がある。6月には、ここで育てたホタルが飛び交う。

杭全神社(くまた神社)

平野郷の氏神、本殿は国の重要文化財。毎年4月13日には、「御田植神事」が行われる。

大阪市立クラフトパーク

「出会い・学び・創る」をコンセプトに、自分の手でつくり、感性を育むことのできる手づくり工芸の総合施設。

大阪市立自然史博物館

大阪の生いたちや、縄文・弥生時代人の自然とのかかわりなど、最近の発掘調査をもとに興味深く展示・解説している。

茶臼山(天王寺公園)

大阪冬の陣・夏の陣で合戦の舞台となった。5世紀ごろの古墳であると言われているが、現在は疑問視されている。

安居神社

菅原道真が太宰府に左遷された際、立ち寄って休んだ場所であり、また真田幸村が大坂夏の陣で戦死した記念碑がある。

天王寺公園エントランスエリア(てんしば)

大阪屈指の歴史ある公園。日本庭園や古墳、美術館のほか、水の広場など、見どころが多彩。

天王寺動物園

日本で3番目にできた、100年以上の歴史をもつ動物園。アフリカのサバンナ・ゾーンやゾウ舎などは、生育地の環境を再現。

大阪市立美術館

70年以上の歴史と、日本、中国の絵画・彫刻・工芸など約8000件を超える収蔵品を持つ、老舗美術館。

十三まいりの寺(太平寺)

数えの13歳は、干支が一回りして初めて迎える年。大人になるための智恵を授かるお参りは古くからの伝統。

四天王寺庚申堂

三尸(さんし)という虫に由来する、庶民信仰に支えられる浪花の名刹。庚申のコンニャクを北向きで食べると頭痛が治るとの言い伝えが。

四天王寺

1400年前、聖徳太子によって建立された日本初の本格的な仏教寺院。寺に伝わる「天王寺舞楽」は、国の重要無形民俗文化財。

PAGE TOP