Osaka Castle,Tsurumiryoukuchi大阪城周辺・鶴見緑地

list_osakacastle

豊臣秀吉ゆかりの大阪城、大阪歴史博物館、難波宮跡など、歴史を楽しむことができるエリアです。また、大阪城の東側にあたるOBP(大阪ビジネスパーク)の新しい街並みや、昔ながらの庶民的な繁華街、京橋を中心とするエリアも、根強い支持を得ています。

osaka_p01s

大阪のシンボルはなんといっても大阪城

1997年、平成の大改修で豊臣秀吉以来の風格が見事に甦り、より美しく、より見ごたえのある勇壮華麗な大阪城となりました。大阪城天守閣には重要文化財を含む貴重な歴史資料が展示されており、『からくり太閤記』や『大坂夏の陣図屏風の世界』など映像を使って楽しく歴史を学べる博物館となっています。もちろん8階の展望台から見る、東西南北360度の眺望も最高です。徳川時代の櫓、築城の苦労が偲ばれる巨石による石垣など、歴史の重みを感じながら壮大な気分になること、請け合いです。

osaka_p02s

太閤さんも楽しんだ梅も、桜も、紅葉も

大阪で「花」といえばこの近辺。春、桜を見るなら、大川毛馬桜之宮公園がイチ押しです。そして、高級ホテルとブランドショップ街のアメニティ空間、OAP(大阪アメニティパーク)周辺や造幣局なども目がはなせません。そして忘れてはならないのが大阪城大阪城公園一帯では、梅林や西の丸庭園の桜をはじめ、四季折々に花を楽しむことができます。アクアライナーで川面からみるお花見も、きっと太閤さんの時代の眺めに負けませんよ。

osaka_p03s

緑を求めて、OBPから鶴見緑地へ

OBP(大阪ビジネスパーク)は、たくさんの木々が茂る大阪城公園のすぐとなりにあるビジネス街。しかしただオフィスビルが建ち並んでいるわけではなく、シティ・ホテル、クラシック演奏会が行われるいずみホール、最先端の演劇が楽しめるシアターBRAVA!、ビッグタレントのコンサートやイベントで知られる大阪城ホールと、多彩な施設が集まっているところです。ここから長堀鶴見緑地線で足を伸ばせば、国際花と緑の博覧会で有名になった鶴見緑地があります。126haの敷地には、世界の植物が見られる巨大温室・咲くやこの花館や国際庭園、生き生き地球館や、プールなど自然の中で遊べる空間があります。

osaka_p04s

難波宮跡と大阪歴史博物館

大阪城の南、上町台地の一番高いところには難波宮跡が広がります。前期難波宮は孝徳朝の長柄豊碕宮(652年完成)と推定され、日本最古の本格的な大陸風の宮殿遺跡です。天武朝に大蔵省からの出火で焼失(686年)した痕跡もとどめています。後期の難波宮は奈良時代聖武朝に再建されたものとされ、いずれも史跡公園として整備中です。それら大阪の1400年以上の歴史を具体的に体感できるのが大阪歴史博物館。原寸大の建物のレプリカや模型、体験イベントなどを通じて、飛鳥時代から現代までを楽しみながら学ぶことができます。

大阪城音楽堂

緑豊かな大阪城公園内にある、約3,000人の収容可能な野外音楽堂。

ひまわり(パーティ&イベントクルーズ)

帝国ホテルのランチやディナーを頂きながら、水都大阪をクルージング。

鶴見緑地プール

エコロジー発電で温水プールを実現。ドーム型、ガラス張りで南国ムードいっぱい。夏期は屋外プールゾーンも。

直木三十五 文学碑

今では直木賞としてその名を知らしめている直木三十五。文壇での地位を確立した、「南国太平記」の一場面が文学碑として飾られている。

宇野浩二 文学碑

宇野が幼少期を過ごした大阪を題材とした、ロマンティックな散文詩風の小説集である、「清二郎 夢見る子」より抜粋した文学碑。

NHK大阪放送局BKプラザ

公開放送の見学から、最新の放送技術を体験したり、ライブラリーで過去の映像を見たりできる放送広場。

男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)

男女がともに社会参加・参画するための事業を行う拠点。500人を収容できるホールをはじめ、小・中・大・特別会議室や、スタジオ、セミナー室もある。

森ノ宮ピロティホール

森之宮遺跡の遺構や遺物を保存するため、全国でも珍しい特殊梁によるピロティ方式(高床式)を採用し、建設された多目的ホール。

毛馬桜之宮公園

春には桜の花で華やぎを増す、桜の名所。

大阪歴史博物館

1350年余りの歴史を刻む難波長柄豊崎宮跡の上に建設され、大阪の歴史を研究・紹介する博物館。

大槻能楽堂

戦禍を免れた関西では数少ない能楽堂で、戦後も能楽公演を継続してきた。古典とともに、新作能も上演。

いずみホール

"シューボックス型"、821席のコンサートホール。独自の企画・主催公演を年間30回おこなう。

造幣博物館

貨幣や勲章の製造工程、国内外の貨幣やメダル、工芸品などを展示・紹介している。

OAP(大阪アメニティパーク)

水の都・大阪を流れる大川(旧淀川)のほとりに位置し、OAPタワー&プラザ、帝国ホテル大阪、ギャラリー、マンション、公園で構成された複合施設。

淀川河川公園

福島区~京都府の大山崎町にかけて流れる広大な淀川河川沿いの公園。大阪城公園の約1.9倍もの広さ、その自然豊かでスポーツ施設が整った公園は、市民を中心に親しまれている。

花博記念公園鶴見緑地

一年を通して季節折々の花や温室栽培植物を楽しめるほか、バーベキューにキャンプ、そしてスポーツ施設も充実。

咲くやこの花館

地球上の様々な気候に生育する植物約2600種、約15000株を展示。ヒマラヤの青いケシなど珍しい花も。

玉造稲荷神社

大阪城の守護神で、豊臣家にゆかりのある神社。付近は、古代勾玉をつくる人たちの居住地だった。

OBP(大阪ビジネスパーク)

26haの敷地を誇る大阪の新都心。企業のオフィスのほか、ホール、劇場、ショッピングやスポーツ施設なども集中。

難波宮跡公園(なにわのみやあと公園)

飛鳥~奈良時代にかけて、大阪が日本の都であったことを示す前後期の宮殿の跡。

PAGE TOP