SUMMER

summer.jpg

梅雨の6月には大阪でたくさんの花や植物を楽しめます。城北公園の菖蒲園に、希少な熱帯植物をじっくり観察できる咲くやこの花館、そして大阪城公園では色とりどりのアジサイに人が集まります。春の桜ほど知られてはいませんが、初夏のかわいらしい花たちも必見です。

夏真っ盛りになると、大阪の一大イベントは日本三大祭りのひとつ、天神祭。毎年7月24日と25日に開催され、大川(旧淀川)の桜ノ宮周辺から中之島周辺にかけて、多数の船が浮かびます。そしてお祭りのクライマックスは、夜空に打ち上がる奉納花火。大阪全体が活気づく天神祭。周辺の他府県に住む人たちにとっても注目のお祭りで、毎年数十万人が訪れます。

混雑した人ごみがちょっと苦手という方には、静かに夏を祝うお祭りがおすすめ。6月に開催される住吉大社の御田植神事は、米の豊作を祈って行なわれる神聖な行事。8月のお盆が終われば、近畿地方ならではの風習とされる地蔵盆がやってきます。さらに、7月には、日没後の屋外で、松明に火を灯して行なわれる能を見ることもできますよ。

大阪府内で開催される大小さまざまな花火大会は夏の夜空を美しく彩り、お祭りムードで街がにぎわいます。また、それぞれの小さな町では、小さな夏祭りや盆踊り大会が行われます。神事や仏事に独特の風習が見られる大阪。地元の人が集まる小さな夏祭りは、ローカルの人たちの生活を覗く貴重な機会となるでしょう。

日本の他県と同様、蒸し暑い大阪の夏。しかしベイエリアに出向けば、大阪湾からの涼しい風を感じることもできますし、南大阪には二色浜海水浴場などきれいなビーチもあります。夏の大阪で遊ぶなら、薄手の綿のシャツやショートスリーブの服装でお越し下さい。

PAGE TOP