EVENTS イベント

大阪では、四季折々、多彩な催しが繰り広げられます。いつ、どの月に大阪に訪れても、大都市大阪でエネルギーに満ちあふれたイベントに出会えることでしょう。 春にはお花見、秋には紅葉、伝統ある夏の天神祭に、それぞれの神社やお寺で繰り広げられる小さな夏祭り。厳かな伝統行事から、音楽、現代美術、お笑い、舞台、スポーツ、そして家族みんなで参加できるイベントまで。大阪滞在中にあなたが体験できるイベントを、ぜひ下のリストや検索ツールで見つけてみてください。活気のある大阪の街が、さらに一団となって盛り上がるイベントの数々。きっとあなたを魅了します。

春の大阪には大相撲がやってきます!全6回にわたって日本全国で開催される大相撲の春場所は、大阪府立体育館で毎年3月に開催されています。 映画好きは、大阪アジアン映画祭の開催日に目を光らせておいた方がいいでしょう。アジアの近隣諸国から、素晴らしい映画が集まります。 お花見は3月の終わりから新学期の始まる4月上旬ごろまでがシーズン。造幣局で開催される「桜の通り抜け」は、120年以上も大阪の人々に親しまれる、美しい桜をじっくり見物できるイベントです。 5月、6月になっても、まだまだ美しい花が咲く大阪。長居植物園中之島公園靭公園鶴見緑地公園で見られる豪華なバラの花は、夏を迎える前の風物詩。桜もバラも充分に堪能したという方は、凛と咲く菖蒲を見に行ってみてはどうでしょう? 城北公園の菖蒲園では、5月下旬から梅雨入りの頃まで花菖蒲が見頃となります。

6月中旬に住吉大社で開催される御田植神事は、無形民俗文化財に指定されている伝統行事。歌や舞で田んぼの神様に豊作を祈る、格式高いお祭りです。 少しモダンな要素も取り入れられた神社のお祭りなら、6月末から7月あたまにかけて開催される、勝鬘院の愛染まつりを見物しにいってみましょう。 美しい浴衣姿の女性が、「ほえかご」と呼ばれる駕篭に乗って勝鬘院までの約1.5kmをパレードします。大喜びの男性客の様子や掛け声が、大阪の活気を物語ります。 そして、7月は大阪最大のお祭りで日本三大祭りのひとつ、天神祭です。神聖な鉾流神事で天神祭は幕を開け、船渡御と呼ばれる多数の船は天神橋から大川をのぼり、折り返してまた天神橋に戻ります。 船の中には関係者や見物客を乗せた船も多く、クライマックスの奉納花火まで、飲んで食べて大盛り上がりとなります。

Dance Delightは20年以上も続く、ストリートダンスのコンテスト。秋に大きな大会が大阪で開催され、名誉ある賞を狙う海外からの参加者も訪れます。 住吉大社や大阪天満宮では、9月にお月見行事を開催。美しい中秋の名月に見とれましょう。 大阪市長杯世界スーパージュニアテニス選手権大会は靭テニスセンターにて10月に開催。そして大阪マラソンは10月の下旬に開催され、そのコースは大阪市内の名所を巡るものとなっています。 街全体が燃えるような赤色に包まれる紅葉のシーズンは、11月下旬に見頃を迎えます。 箕面の滝は、大阪で一番人気の紅葉狩りスポット。近隣府県からもたくさんの観光客が訪れます。

日が短くなり、夜が冷え込む12月。家の中でじっとしていたくなる季節ですが、大阪では都心を彩るイルミネーションを一目見るために外出してしまう人が多いようです。 例えばOSAKA光のルネサンス。中之島公園や御堂筋が美しいイルミネーションで輝き、足を止めて幻想的な景色を写真におさめる人がたくさん見られます。 1月1日は初詣。大晦日から元日にかけて、電車は初詣に足を運ぶ人々のために夜通し走ります。1月には、ちょっと変わった伝統的なお祭りもあります。 どやどやは四天王寺で開催されるユニークなお祭り。ふんどし姿の男性が大勢集まり、魔除けの護符と水がばらまかれ、男性たちは護符を奪い合います。 そして、2月になった頃には、大阪城公園の梅林でピンク色のかわいらしい梅の花が咲き始め、冬の終わりと春の訪れを告げてくれます。

5月イベントガイド

5月のおすすめイベント一覧でチェックしてみましょう!プリントアウトしやすいリストになってます!
20180331
このイベントは終了しました。

第7回大阪マラソン ~OSAKA MARATHON 2017~

32000人のランナーが虹の7色のテーマカラーに分かれて、大阪の街を駆け抜ける。
開催地 : スタート:大阪城公園前、フィニッシュ:インテックス大阪/大阪市役所前(チャレンジラン)
20171126
このイベントは終了しました。

大英博物館 国際共同プロジェクト
「北斎-富士を超えて-」

2017年秋、大英博物館国際共同プロジェクト、「北斎-富士を超えて-」展を大阪で開催。
開催地 : あべのハルカス美術館
20171119
このイベントは終了しました。

住吉祭

大阪の夏祭りの最後は、住吉大社。大きな茅の輪をくぐることで、身の穢れを祓い、無病息災を願う。
開催地 : 住吉大社
20170801
このイベントは終了しました。

だいがく祭

高さ20mの柱にゆれる79個の提灯はをつけた「だいがく」は、夏の夜空に美しい。市内でも生根神社にしかない。
開催地 : 生根神社(西成区)
20170725
このイベントは終了しました。

天神祭 宵宮

大阪天満宮の氏地を中心に、賑やかに行われる天神祭。宵宮のご紹介。
開催地 : 大阪天満宮
20170724
このイベントは終了しました。

宗右衛門町夏祭り

宗右衛門町の有名店が出店する、ちょっぴり豪華で華やかな屋台や、屋外ステージパフォーマンスが登場。
開催地 : 相合橋特設会場(宗右衛門町)
20170723
このイベントは終了しました。

坐摩神社夏祭・末社陶器神社せともの祭

浪速の夏の風物詩、茶碗の祭典。江戸時代初期から受け継がれ、300余年の歴史と伝統を誇る由緒ある行事。
開催地 : 坐摩神社境内および坐摩神社会館5階
20170723
このイベントは終了しました。

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

16世紀のネーデルラント派を代表する画家ピー輝・ブリューゲルの代表作の1つである「バベルの塔」を日本で24年ぶりに展示。
開催地 : 国立国際美術館
20171015
このイベントは終了しました。

寺方提灯踊り

平成12年(2000年)12月に指定された市指定無形民俗文化財(第一号)。毎年守口市駅前で提灯踊り大会が開かれ踊り継がれている。
開催地 : 京阪守口市駅前 京阪百貨店前広場(カナディアン スクエア)
20170718
このイベントは終了しました。

玉造稲荷神社 夏祭り

上方お笑いの父:秋田實を偲んで奉納演芸を行い、なにわ伝統野菜の1つ、玉造黒門越(白)瓜を使った料理を味わえる。
開催地 : 玉造稲荷神社
20170716
このイベントは終了しました。

太鼓台祭り

270年もの歴史を誇るお祭り。緻密な彫り物や装飾が見事な7台の太鼓台は見もの。
開催地 : 感田神社周辺
20170716
このイベントは終了しました。

いくたま夏祭

「陸の生玉、川の天神」と並び称される、歴史あるお祭。豊太閤奉納の枕太鼓のお練りが見もの。
開催地 : 生國魂神社
20170712
このイベントは終了しました。

平野郷夏まつり

スサノオノミコト(牛頭天王)を御祭神とする祇園社の祭り。大阪市内では最大規模を誇る地車祭。
開催地 : 杭全神社(くまた神社)
20170714
このイベントは終了しました。

大阪歴史博物館 特別展 「大相撲と日本刀」

大阪歴史博物館では、2017年7月8日(土)から8月28日(月)まで、6階特別展示室において、特別展「大相撲と日本刀」を開催します。
開催地 : 大阪歴史博物館6階 特別展示室
20170828
このイベントは終了しました。

ART OSAKA 2017

毎年夏恒例の現代美術のアートフェアART OSAKA!年に一度のアートの祭典、ART OSAKA 2017へ是非ご来場下さい。
開催地 : ホテルグランヴィア大阪 26階 (ワンフロア貸切り)
20170709
このイベントは終了しました。

平成OSAKA天の川伝説2017

七夕の日、大川が人々の願いごとを託した光り輝く天の川に。
開催地 : 大川・天満橋~北浜周辺
20170707
このイベントは終了しました。

二色の浜海水浴場オープン

大阪市内からでも1時間足らずの好アクセス海水浴場がオープン。
開催地 : 二色の浜海水浴場
20170831
このイベントは終了しました。

機物神社七夕祭

七夕姫である「天棚機比売(あまのたなばたひめ)大神」を祀る行事。
開催地 : 機物神社(はたもの神社) JR津田駅→徒歩15分
20170707
このイベントは終了しました。

第20回新大阪あさがお市

多彩なあさがおの販売と楽しいイベント盛り沢山の新大阪の夏の風物詩!
開催地 : 新大阪センイシティー、セントラルスクエア西宮原店及びコーナン新大阪センイシティー店間の道路
20170702
このイベントは終了しました。

228 件(1/12)

PAGE TOP