ANNUAL, SEASONAL EVENTS伝統行事

大阪に数あるお祭りは、伝統的な日本と、現代の日本の両面を見せてくれます。寺や神社では多くの人を迎え入れる大きな行事が開催されます。日本最初の仏教寺院、四天王寺では、四季を通してお祭りやイベントが開催されます。大阪市の南方にある住吉大社は、大阪以外に住む人にも有名な神社です。また、寝屋川の成田山不動尊では、関西で最大の節分まつりが開催されます。冬から春にかけては、梅や桜がきれいに咲く寺や神社が多く、ただ訪れるだけでも素晴らしい価値があるでしょう。大賑わいのお祭りではなく、落ち着いた空気で御神事を楽しみたいという方は、難波八坂神社の綱引神事がおすすめです。そして伝統行事のみならず現代の大阪のイベントにも、他府県から人がたくさん訪れます。大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーションや、540,000球のLEDイルミネーションが点灯するなんば光旅は、大阪市の街頭をカラフルに彩ります。他にも注目のイベントがたくさん。下のリストと検索ツールを参考に、大阪滞在をより楽しくお過ごし下さい。

四季の移ろいを感じる

大阪では、その季節の到来を祝うお祭りが春夏秋冬それぞれ開催されています。春のお花見、夏の天神祭、秋の御堂筋パレードに冬のイルミネーション。大阪にその季節が到来したことを盛大に祝うお祭りは、この大都市を華やかに彩ります。

taiko

天神祭:
大阪最大のエキサイティングな行事を体験する

天神祭は、大阪で最も人気で、華々しい夏のイベントです。東京の神田祭、京都の祇園祭とあわせて日本三大祭りのひとつと言われています。毎年7月24日、25日に開催される、大阪天満宮を中心に繰り広げられる神事でありお祭り。2日間に渡る天神祭には、数千人の人が参加し、観客は100万人をも超えると言われています。

hokonagashi

天神祭は1000年以上の伝統を誇る日本屈指のお祭り。天神祭の起源は951年(天暦5年)。菅原道真公が祀られた大阪天満宮を中心として行なわれる鉾流神事から始まったと言われています。神鉾を大阪天満宮から程近い社頭の浜から大川に流し、流れ着いた浜に御旅所を設けて禊(みそぎ)を行ないます。そしてその地域の人や崇拝者が船に乗り、奉納の行事を行ないます。時を経て、船の数も増えていきます。船渡御(ふなとぎょ)と呼ばれる大川に浮かぶ大量の船は、天神祭では見逃せない一番のスペクタクル。江戸時代の頃、大阪が日本最大の経済都市となるとともに、このお祭りも日本で最大規模を誇るお祭りと進化していきました。

天神祭スタートの合図となるのが宵宮と呼ばれる7月24日。そして、7月25日の本宮では、天神祭のメインイベントのひとつである陸渡御(りくとぎょ)を見ることができます。伝統装束を身にまとった約3000人の行列は圧巻。山車、神輿、隊列、馬、太鼓などが連なり、華やかであり、神聖なパレードです。行列は大阪天満宮をスタートし御堂筋を通って天神橋へ。天神橋に陸渡御が到着したら、次は天神祭のクライマックスと言われる船渡御が始まります。陸渡御の一行は天神橋で船に乗り込み、100以上もの船が天神橋から出発。この頃には日も沈み夜に包まれているので、船の明かりや灯籠が川面にゆらゆらと映る光景はとても美しく必見です。また、鉾流橋(ほこながしばし)より西側、堂島川から江之子島周辺にも観光船や落語船、文楽船などが多数周航します。無数の船が川に浮かぶ幻想的なシーン。そして、祭りの最後にはお待ちかねの豪華な約1000発の打ち上げ花火!火と水が対照的にきらめく、美しいお祭りです。

hanabi

天神祭では神事の他にも多様なイベントが天神橋界隈の各地で数々繰り広げられています。鉾流神事から船渡御、龍踊りまで。夏の大阪で見逃してはいけない一番のイベントです!

その他の主な恒例行事

興奮の天神祭に加えて、大阪では12ヶ月間、年中いつでも大きなお祭りや定例イベントが開催されています。古来より、これらのイベントやお祭りは、めぐる季節とその年の平安に感謝し、また、同じ地域に住む人々が一緒に素敵な時間を共有するために重要な役割を果たしてきました。

ebisu

1月の代表的なお祭り
十日戎(とおかえびす)

1月9日~11日に今宮戎で開催される十日戎は非常に活気のいいお祭りで、大勢の人が駆けつけ商売繁盛を祈ります。縁起かつぎの小物を取り付けた笹は福笹と呼ばれ、商売人たちは今年一年の商売の成功と努力を得るために新しい福笹をここで購入します。戎神社に祀られる神様は、「えべっさん」の愛称で呼ばれ、商売やビジネスの神様として知られています。みんなが商売人と言われる大阪の街。大阪の人たちは十日戎をよく知っていて大好きです。年に一度の十日戎、この3日間でおよそ100万人の人たちが商売繁盛を祈るために訪れます。

doya

四天王寺「どやどや」祭り

1月14日に四天王寺で開催される、勇壮な行事「どやどや」。元旦から始まる修正会の最終日に行なわれます。最大の盛り上がりを見せる行事は、ハチマキとふんどしのみを身につけた大勢の男性の2つのグループが、牛王宝印という魔除けの護符を奪い合う儀式。奪い合いの最中、彼らは「どやどや」と声をかけながらぶつかり合い、そこに冷水がばらまかれます。この男性たちにかけられる水は、体がぶつかり摩擦することによって出る熱を冷まし、若い裸の男たちの勢いを奮わせるためだと言われています。

cherry

春の代表的な行事
お花見

春の到来とともに、梅や桜のシーズンもやってきます。梅の花が咲いた頃、桜の木にはつぼみが付き始めます。街じゅうの至るところでお花見客が集い、一気にお祭りムード。そして桜や梅は街中のいたるところに植えられています。公園や神社に出かければ、あらゆる種類の桜を眺めるイベントが、日中にも、夜間にも開催されていることも。春の到来と桜の開花を祝って、伝統的な舞が開催されたり、ちょうちんで照らされた屋台が出現することも。

shoryo

精霊会

聖徳太子ゆかりの四天王寺では、聖徳太子の命日にちなんで4月22日に大法要が開催されます。亀の池の中に設置された石舞台で、伝統的な儀式として雅楽や舞楽が繰り広げられます。

shoman

夏の代表的な行事
愛染まつり

天王寺エリア勝鬘院にて6月30日から7月2日まで開催される行事。愛染まつりは大阪の三大祭りのひとつで年1回の恒例行事です。美しい浴衣姿の女性が、「宝恵駕籠」(ほえかご)と呼ばれる駕篭に乗って、天王寺駅周辺から勝鬘院までの約1.5kmをパレードします。宝恵駕籠の女性を観た見物人や男性たちは、祭りを盛り上げるように叫びます。

ちなみにこのお祭りは、愛と魅力の守護神とも言われる愛染明王を祀るお寺で行なわれる法要のひとつ。愛染明王を熱心に信仰する芸能人も少なくありません。

sumiyoshi

住吉祭

7月下旬から8月上旬のあいだに住吉大社で開催される、古くから伝わるお祓いの行事です。夏越祓神事は、夏越女や稚児、地域に住む人々が参加します。お祓いによって魂は神輿に移り、神輿の行列は堺へ向かう通りを進んでいきます。神輿が目的の場所に到着すると、そこで神事が行なわれます。これは日本全国の数ある行事と似ていますが、大阪独特の文化や雰囲気が見え隠れします。住吉祭は、古代のなにわのかつての習慣を知るのに、とても良い機会となるでしょう。

mido

秋の代表的な行事
御堂筋パレード

伝統行事ではありませんが、御堂筋パレードは毎年だいたい10月の第二日曜に開催される、御堂筋を使った恒例行事です。活気に溢れ、国際色豊かで、カラフルな隊列が御堂筋をパレードします。伝統芸能のアーティストから、様々な現代パフォーマーが国内外より集い、一丸となって御堂筋を練り歩きます。毎年、約1万人の参加者が御堂筋を行進し、120万人以上の観客によってパレードはさらに盛り上がります。

sukunahikona

冬の代表的な行事
神農祭

11月22日、23日には少彦名(すくなひこな)神社でお祭りが開催されます。大阪の薬の街として有名な道修町に位置するこの神社。日本の薬祖神である少彦名命(すくなひこなのみこと)と、中国の医薬の神様、神農氏をお祀りしており、「神農さん(しんのうさん)」の愛称で親しまれています。お祭りの期間中は、災いを避けると信じられている張子の虎を付けた笹を持った人たちで神社は賑わい、みな無病息災を祈ります。製薬会社や医薬、薬学関係者は神農さんの縁起をかつごうと、このお祭りにこぞって訪れます。

大阪光のルネサンス

大阪市役所前には、ノルウェーからやってきたモミの木が設置され綺麗に飾り付けられます。御堂筋中之島図書館を結ぶ遊歩道、みおつくしプロムナードも、イルミネーションで彩られます。

フィエスタ・メヒカナ大阪2017

メキシコの音楽や踊りなどのアトラクションを始め、各地に伝わる民芸品や料理・飲み物などを紹介!
開催地 : 新梅田シティ・ワンダースクエア
20170910
このイベントは終了しました。

第55回 難波別院 南御堂盆おどり

1963年以降欠かさず開催し、毎年数千人の踊りの輪が出来る南御堂の盆おどり。 先着500名様にはお楽しみ券とうちわを進呈!
開催地 : 真宗大谷派難波別院 南御堂
20170828
このイベントは終了しました。

富田林寺内町燈路

江戸時代の風情漂う素晴らしい町並みに行灯が置かれ、より一層情緒たっぷりの夏の夜を演出。
開催地 : 富田林寺内町
20170826
このイベントは終了しました。

がんがら火祭り

「家内安全」「火難厄除け」を願って、江戸時代から370有余年受け継がれている伝統の火祭り。
開催地 : 五月山中腹~池田市役所周辺
20170824
このイベントは終了しました。

北御堂 盆おどり

賑やかで楽しい夏の夜を、北御堂でお過ごし下さい。
開催地 : 北御堂(津村別院)
20170825
このイベントは終了しました。

第69回 猪名川花火大会

毎年大阪と兵庫の間で打ち上げられる盛大な光の夢物語。
開催地 : 猪名川河川敷
20170819
このイベントは終了しました。

千日詣り

四天王寺の8月9日、10日は、1日で千日分のお参りに匹敵する特別な日。功徳を積んで、厄よけのお札をもらおう。
開催地 : 四天王寺
20170810
このイベントは終了しました。

盂蘭盆会万灯供養

先祖供養のために行われる万灯供養。夕刻より約一万本のローソクが灯され、幻想的。
開催地 : 四天王寺
20170816
このイベントは終了しました。

第29回 なにわ淀川花火大会

水面の上できれいに半円にひろがるダイナミックなスターマインと頭上に大きく広がる大玉の花火によって視界全体を覆う圧倒的な迫力が見どころのなにわ淀川花火大会!
開催地 : 淀川河川敷
20170805
このイベントは終了しました。

篝(かがり)の舞楽

四天王寺に受け継がれる雅楽・舞楽は1千年余りの伝統がある。燃え盛る篝火の中繰り広げられる伝統芸能「天王寺舞楽」は夏の宵のひとときを幻想の世界へと誘います。
開催地 : 四天王寺伽藍内 講堂前庭
(雨天の場合:本坊 五智光院)
20170804
このイベントは終了しました。

堺大魚夜市

鎌倉時代に行われていた祭りを復活させたもので、古代に則したせりや鮮魚の即売などを行い、威勢のいい掛け声が飛び交って賑わう。
開催地 : 大浜公園
20170731
このイベントは終了しました。

住吉祭

大阪の夏祭りの最後は、住吉大社。大きな茅の輪をくぐることで、身の穢れを祓い、無病息災を願う。
開催地 : 住吉大社
20170801
このイベントは終了しました。

ワークショップフェスティバル・ドアーズ 11th

「文化は人がつくる」をコンセプトに、500円で体験できるワークショップが125種類!
開催地 : 大阪市立芸術創造部・旭区民センター、大阪市立男女共同参画センター南部館 クレオ大阪南、西宮市民会館
20170827
このイベントは終了しました。

第65回岸和田港まつり花火大会

ベイエリアの地蔵浜周辺の夏の夜空は、この日美しい花火で彩られる。
開催地 : 岸和田港
20170729
このイベントは終了しました。

天神祭奉納花火

大川を行き来する船渡御を見ながら、5,000発の花火が夜空を彩る。天神祭りのクライマックス。
開催地 : 大川周辺
20170725
このイベントは終了しました。

天神祭ー陸渡御・船渡御ー特別観覧席チケット販売開始

約3000人の行列からなる陸渡御と約100隻の船が水上を渡御する船渡御~。ダイナミックな天神祭のハイライトを特設の観覧席でお楽しみください。
開催地 : 陸渡御特別観覧席:中央公会堂横/天満橋船渡御特別観覧席:天満橋駅すぐ
OMM屋上観覧席:天満橋駅すぐ/桜之宮船渡御観覧席:毛馬桜之宮公園
20170725
このイベントは終了しました。

天神祭奉納花火特別観覧席~大阪ふれあいの水辺特設会場~

より多くの方に大阪の夏の風物詩である"天神祭"を、もっと身近に感じ体感いただきたいと思い「天神祭奉納花火」を間近で観覧できる会場を設けました。
開催地 : 大阪ふれあいの水辺特設会場
20170725
このイベントは終了しました。

天神祭船渡御奉拝船乗船~お申込受付開始~

天神祭のハイライトである 船渡御を船に乗って参加しませんか?
開催地 : 桜ノ宮公園内大阪水上バス友渕港のりば
20170725
このイベントは終了しました。

天神祭

時代絵巻のような陸渡御、夜を彩る船渡御は、日本屈指のスケール。大阪天満宮の厳かな神事、花火など見所満載。
開催地 : 大阪天満宮
20170725
このイベントは終了しました。

だいがく祭

高さ20mの柱にゆれる79個の提灯はをつけた「だいがく」は、夏の夜空に美しい。市内でも生根神社にしかない。
開催地 : 生根神社(西成区)
20170725
このイベントは終了しました。

47 results(1/3)

PAGE TOP