えびす祭(えびすさい)

えびす祭

大阪天満宮の天満天神えびす祭は、平成19年(2007年)に始まりました。年々参拝者は増加して、今では約20万人が参拝します。
天満天神えびす祭では、「神礼」「福笹」「吉兆」「熊手」「竹末広」などの、縁起物が授与されます。また、御神酒笑姿の絵馬を、笹に付ける縁起物として拝受可能です。
この、御神酒笑姿の絵馬の授与が、天満天神えびす祭の特徴の1つだと思います。
江戸時代の大阪天満宮では、蛭児尊遷殿神事が行われていました。行われたのは、正月・五月・九月の十日です。
十日戎が行われる日は、多くの人が集まり、境内が賑わいました。中でも、最も人が境内に集まった時代が寛政です。
御神酒をお供すると、顔が赤く染まる御神像(御神酒笑姿)が評判を呼び、境内には人があふれたと伝わっています。

開催日 1月9日~11日
みどころ・スケジュール 今年の開催は、平成29年(2017年)1月9日・10日・11日です。
1月9日(宵えびす)→10時~22時まで
1月10日(本えびす)→10時~22時まで
1月11日(残り福)→10時~21時まで
神社名 大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)
住所 〒530-0041 大阪市北区天神橋2-1-8
開催場所 大阪天満宮
交通機関 地下鉄 谷町線・堺筋線「南森町」駅下車     
JR東西線「大阪天満宮」駅 徒歩5分
お問い合わせ先 大阪天満宮
06-6353-0025
特記事項 <駐車場>
なし
URL

MAP

PAGE TOP