鎮魂祭(ちんこんさい)

鎮魂祭

往古より今日まで毎年2月節分の日に斎行致します鎮魂祭は全国でも数少ない特殊神事の一つであります。
鎮魂は「ちんこん」或いは「たましずめ」などと訓みますが、人は常にその身体の中の霊魂が安定して居れば元気旺盛であり病苦や他の災禍からも免れることができますが、安定を失うと病魔に犯されたり身心共に不健康な状態になり、魂が遊離すれば死に至ります。
私達は自らの魂を常に安定せしめ、また離れることのないように神様に祈願し、日々の生活の安らぎを求めるのが鎮魂祭の意義でもあります。
儀式の中で鎮魂筥(ばこ)という木箱に水晶の玉を結び留め、振り動かす事によって、自らの魂をふるい起こして身体の中に静かに鎮めて安定せしめ、心の平安と心身の健康・寿命の長久を祈念いたします。

開催日 2月節分当日 
開催時間 15:00~
みどころ・スケジュール 節分当日(数年に1度は3日ではない日があるため) 神賑行事なし
神社名 坐摩神社(いかすりじんじゃ)
住所 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4渡辺3
開催場所 本殿
交通機関 大阪市営地下鉄「本町駅」15番出口 徒歩3分
お問い合わせ先 坐摩神社社務所
06-6251-4792
特記事項 <一般参加>
参加には初穂料が必要です。
<駐車場> 
5台 あり (無料)
URL

MAP

PAGE TOP