花摘祭(はなつみさい )

花摘祭

花の季節に色を添える古式ゆかしい行事の一つです。 平安時代に娘たちが疫病よけのため花を摘んで神に捧げたことから起こったと伝えられる神事行事。花摘女(ハナツミメ)や稚児を中心とした行列と花摘女が神殿に摘み花を供える神事などが催されます。稚児行列、神輿行列と続き、時代絵巻のような風景を見ることができます。

開催日 4月第3土曜
開催時間 12:00~
みどころ・スケジュール 神事は、午後12時から「稚児・花摘女行列」が鳳商店街の中を練り歩き、約1時間かけて大鳥大社へ宮入りします。午後1時からは、本殿で「花摘祭花摘女仕丁拝戴式」が行われます。午後2時からは「初輦祭(はつれんさい)」として、神輿を大鳥浜神社→浜寺公園→大鳥北浜神社へ渡御。午後6時に大鳥大社に戻り、神輿より御神霊を戻す「還幸祭」で神事が終わります。
神社名 大鳥神社(おおとりじんじゃ)
住所 〒593-8328 堺市西区鳳北町1-1-2
開催場所 大鳥大社
交通機関 JR阪和線「鳳駅」 下車
お問い合わせ先 大鳥神社(大鳥大社)
072-262-0040
特記事項 <一般参加> 
不可です。
<駐車場> 
あり (60台、無料)
URL

MAP

PAGE TOP