鳳だんじり祭(おおとりだんじりまつり)

鳳だんじり祭

大鳥大社の摂社「大鳥美波比(おおとりみはひ)神社」周辺で行われる秋祭り。鳳のだんじり祭りは、約400年前から行われていると言われている。
初日の金曜日は宵宮と呼ばれ、基本的に各地区の自主曳行される。
二日目の土曜日は宮入。大鳥大社に全10台のだんじりが宮入をする。その後、10台のだんじりが次々に熊野街道を駆け抜ける、連合曳きが行われ、JR鳳駅前(蔵王)の交差点では、商店街のアーケード内からだんじりが全力疾走して飛び出してくるのは圧巻である。
最終日の日曜日(残宮)には、連合曳きはもちろん、13号線からやり回しで「でんでん坂」を駆け上り、鳳駅前に出るパレードが行われる。
だんじり祭りでは珍しく、灯入れ(提灯をつけること)曳行時も、昼間と変わらず全力疾走します。そのため、夜の連合曳きでは、美しく力強いだんじりの姿を見ることができます。

開催日 10月第1金曜・土曜・日曜の3日間
宮入・・・第1土曜か第2土曜
みどころ・スケジュール 上だんじり
⇒大鳥・新在家・野代・濱寺元町
下だんじり
⇒野田・北王子・長承寺・上・石橋・富木
神社名 大鳥神社(おおとりじんじゃ)
住所 〒593-8328 堺市西区鳳北町1-1-2
開催場所 大鳥大社および周辺
交通機関 JR阪和線「鳳駅」 下車
お問い合わせ先 大鳥神社(大鳥大社)
072-262-0040
特記事項 <一般参加>
不可です。
<駐車場>
あり (60台、無料)
URL

MAP

PAGE TOP