大阪薪能(おおさかたきぎのう)

大阪薪能

大阪薪能は1957年に能楽協会大阪支部と在阪の能楽愛好家で組織する薪能委員会、大阪市の三者により戦後復興の象徴として始まりました。8月11・12の両日、午後5時半の開演から約3時間半にわたり演能されます。
都市化の進んだ大阪市中央部にありつつも浄闇の森を湛える生國魂神社境内に於いて、特設の能舞台を設え、揺らめくかがり火に照らされて、能・狂言・仕舞が能楽協会大阪支部の奉仕によって雅やかに演じられます。

開催日 8月11~12日(予備日13日)
開催時間 17:30~20:45(両日)
みどころ・スケジュール 8月11日・12日(予備日13日)
大坂城築城以前の天文15年(1546年)に能が盛大に奉納されたという故実に倣い、かがり火を焚く中で能が演じられます。
(両日で能6番、狂言2番、仕舞)
神社名 生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)
住所 〒543-0071 大阪市天王寺区生玉町13-9
開催場所 生國魂神社境内 特設能舞台
交通機関 大阪市営地下鉄千日前線・谷町線「谷町九丁目」駅
近鉄大阪線「大阪上本町」駅
お問い合わせ先 生國魂神社
06-6771-0002
特記事項 <一般参加>
前売券3500円/チケットぴあ、阪神プレイガイド、近畿日本ツーリスト、大丸百貨店心斎橋店、各在阪能楽堂等で取扱い
当日券4000円/会場(生國魂神社)入口にて取扱い
学生券2000円(当日券のみ、取扱いは当日券に準ず)
<駐車場>
なし
URL

MAP

PAGE TOP