秋思祭(しゅうしさい)

秋思祭

天神祭をはじめ華やかな祭儀が多い中、この秋思祭は浄闇の中行われる静かな祭である。延喜元年(901)菅原道真公は太宰府左遷の命を受け、遠く都を離れ筑紫路へと旅立たれました。その配所より遙か都の空に思いをはせ、恩賜の御衣を捧げてかの九月十日の詩篇をお作りになりました。この詩にあらわれた誠忠の臣菅公の悲愴なる心事を追憶せんとする神事である。今宵は仲秋の明月のもと、神童が神前に鈴虫を供え人長舞が庭燎に浮かび上がる情景は、幽玄裡に行われる秋にふさわしい祭りである。

開催日 仲秋
開催時間 18:00~
みどころ・スケジュール 18:00~ 神前に鈴虫をお供え、舞楽奉納
神社名 大阪天満宮 (おおさかてんまんぐう)
住所 〒530-0041 大阪市北区天神橋2-1-8
開催場所 大阪天満宮
交通機関 地下鉄 谷町線・堺筋線「南森町」駅下車
JR東西線「大阪天満宮」駅 徒歩5分
お問い合わせ先 大阪天満宮
06-6353-0025
特記事項 <駐車場>
 なし
URL

MAP

PAGE TOP