造幣局(工場見学)

造幣局(工場見学)

利用時間見学:(午前)9:00・10:00・10:30、(午後)13:00・13:30・14:30
※個人・団体を問わず要予約。2ヶ月前の月初より10日前までにお問合せください。

桜宮橋の近くにあり、貨幣のほか、勲章・褒章および金属工芸品などの製造、地金・鉱物の分析および試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業も行っている独立行政法人。明治4年(1871)に、「大蔵省造幣寮」として創立。当時、貨幣を鋳造するためのガスの余剰分で工場内や周辺のガス灯を灯し、その明るさで見物人が押し寄せていたとか。洋風な外観とともに、画期的な洋式設備を用いた貨幣の製造工場だった。明治10年(1877)には「造幣局」に改称され、現在に至っている。工場見学には、事前予約が必要。また、構内には造幣博物館のほか、約130品種、約350本の桜が満開を迎える4月中旬には「桜の通り抜け」があり、大勢の花見客で賑わっている。

住所 〒530-0043 大阪市北区天満1-1-79
定休日 土、日、祝日、年末年始、都合により見学出来ない
アクセス JR大阪環状線「桜ノ宮駅」より徒歩15分
料金 見学無料
所要時間 約1時間30分
設備
バリアフリー : 盲導犬導入/車イススロープ/車椅子トイレ/エレベーター
駐車場 : 団体のバスに限り利用可。要予約
お問い合わせ TEL : 06-6351-6150
FAX : 06-6351-5481
URL

MAP

PAGE TOP