安養寺(枚方市)

安養寺(枚方市)

安養寺には、1970年(昭和45年)に府の有形文化財に指定された石製露盤がある。露盤は、塔の九輪の最下部にある方形の台で、雨仕舞(劣化防止)の役割を果たす建築部材である。屋根頂部に置くので、上に宝珠を載せ装飾も兼ねる。多くは、青銅・鉄・瓦製なので、石製の露盤は極めて珍しい。この露盤は凝灰岩製で、風化して四角の一角が欠けているが、原型をよくとどめている。底面は一辺が110センチメートルの正方形で、高さは38.5センチメートル、中央のほぞ穴は直径38.5センチメートル、深さ11.7センチメートル、穴の周囲には、八葉複蓮華文が刻まれている。

住所 〒573-1105 大阪府枚方市南楠葉2丁目38-17
アクセス 京阪本線「樟葉駅」より徒歩13分
料金
設備
お問い合わせ TEL : 072-857-6244
URL

MAP

PAGE TOP