首斬地蔵

首斬地蔵

1585年(天正13年)に、豊臣秀吉が紀州の根来寺を攻めた時、波有手(現在の阪南市鳥取)の道弘寺を始めとする寺院の僧達が、秀吉に反抗し、首を斬られた。村人達は首を斬られた僧達を手厚く葬ったという。それが、この首斬地蔵である。今でも多くの参拝者が訪れている。

住所 〒599-0221 大阪府阪南市石田
アクセス 南海本線「鳥取ノ荘駅」より徒歩20分
設備
URL

MAP

PAGE TOP