大槻能楽堂

大槻能楽堂

利用時間公演により異なる

大阪城からほど近いところにある、戦前からつづく「大槻能楽堂」。1935年、当時一般的だった桟敷席をいす席にした異色の能楽堂として誕生した。戦禍を免れた関西で数少ない能楽堂でもあり、戦後も能楽公演を継続してきた。大阪城のもっとも大きい石垣の実物大の写しを、橋掛の背景にしたり、能楽の音楽的特質を考慮して残響時間を約1秒に設定するなどの特徴をもつ。定席502(補助席70)席。2007年には、「70周年の記念」事業として、親子鑑賞教室や、市民参加型公演、定例公演の開演時間の繰り下げなど一年間通してさまざまな企画や工夫を行うほか、解説コーナーや、実演の体験教室も設けている。能楽は室町時代に大成・現存する世界最古の舞台芸術と謳われ、ユネスコ世界無形遺産にも宣言される日本古来の伝統芸能であるが、大槻能楽堂では、古典のものとともに、新作能も上演して後世代にも能の魅力を広めている。

住所 〒540-0005 大阪市中央区上町A-7
アクセス 地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」または谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」より約300m
料金 公演により異なる
設備
飲食施設 : 喫茶店
お問い合わせ TEL : 06-6761-8055
URL

MAP

PAGE TOP