大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

利用時間9:30~21:30

大阪・中之島の緑と水に囲まれ赤レンガが映える大阪市中央公会堂は、文化、芸術、社会活動の場として利用されているレトロ建築であり、大阪城天守閣とともに大阪市のシンボルでもある。建物は鉄骨煉瓦造の地上3階、地下1階。ネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはウィーン分離派様式も取り入れられている。アーチ状の屋根と、洋画家の松岡壽によって天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴だ。竣工は大正7年(1918)、建設費の100万円(現在の50億円)は、当時の株式仲買人の岩本栄之助の寄付によるもの。設計者は明治時代の建築界を代表した岡田信一郎と辰野金吾ら。2002年には改修工事が終了し、80年ぶりに竣工当時の姿として甦った。かつて社会福祉家のヘレン・ケラーや、ソ連の宇宙飛行士・ガガーリンなども訪ねている「大集会室」は、現在、講演会やコンサート会場として利用されているほか、地下1階の「中之島倶楽部」では、レトロ&モダンな雰囲気の中で洋風創作料理をゆっくり楽しめる。

住所 〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-27
定休日 第4火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)、その他臨時休館あり
アクセス ・地下鉄御堂筋線・京阪電鉄「淀屋橋駅」1号出口より徒歩約5分
・地下鉄堺筋線・京阪電鉄「北浜」駅22号出口より徒歩約6分
・京阪電鉄中之島線「なにわ橋」駅1番出口より徒歩1分
料金 入場無料
設備
飲食施設 : あり
駐車場 : 駐車場:館北側(20分につき200円/台9:00~22:00)
※身障者優先スペースを含め14台
見学案内 : HPをご確認ください。
お問い合わせ TEL : 06-6208-2002
FAX : 06-6208-2003
URL

MAP

PAGE TOP