仁和寺氏神社 (にわじうじ神社)

仁和寺氏神社 (にわじうじ神社)

この神社のある仁和寺という地名は、かつて京都の仁和寺の所領であったことに由来する。神社の創建は室町時代初期と考えられ、そのころは白山権現社と呼ばれていた。1633年(寛永9年)に永井信濃守尚政が領主になり、菅原道真を祭るようになって以来、天満宮とも称されるようになった。以前、淀川堤防が決壊した際に社殿が流されたので、村の中央にあたる現在の位置へ移されたという。境内には多くの木々が植えられている。

住所 〒572-0076 大阪府寝屋川市仁和寺本町4-11-29
アクセス 京阪本線「寝屋川駅」より京阪バスに乗り換え「仁和寺」下車 徒歩5分
料金
設備
URL

MAP

PAGE TOP