犬鳴山七宝瀧寺(いぬなきさんしっぽうりゅうじ)

犬鳴山七宝瀧寺(いぬなきさんしっぽうりゅうじ)

利用時間7:00~17:00

犬鳴山の中腹に建つ真言宗犬鳴派の本山。斉明天皇7年(661)に役行者によって開山されたとされる。本尊の木造立像・倶利伽不動明王は剣に龍が巻きついていることから「運もらい不動」などと呼ばれ、運勢向上、願望成就の守護神として信仰が厚い。淳和天皇の時代(823-833)、この寺で雨乞いの祈祷をしたところ、念願の雨が降ったため、山中にある著名な七つの滝(両界、塔、弁財天、小槻、奥、千丈、布引)を金銀などの七宝にたとえて七宝瀧寺の名称となった。一方、犬鳴山の名は、宇多天皇の時代(887-897)、山中で大蛇に狙われた猟師を、その愛犬がけたたましく吠え、身を挺して主人を守ったことから名付けられたものという。犬鳴山は紅葉の名所で、ハイキングコースとしても人気。葛城修験道の根本道場でもあり、一日体験修業をすることもできる。

住所 〒598-0023 大阪府泉佐野市大木8
定休日 無休
アクセス 南海線泉佐野駅よりバス「犬鳴山行き」終点下車徒歩約15分
料金 拝観無料
設備
駐車場 : あり
お問い合わせ TEL : 0724-59-7101
URL

MAP

PAGE TOP