大黒寺

大黒寺

大黒寺は曹洞宗永平寺派に属する禅宗の寺であり、天童山大黒寺と号し、日本最古といわれる大黒天を御本尊としている。1350年前に、役行者(えんのぎょうじゃ)が金剛山で修行中に大黒天が出現し、そのお告げにより、桜の木を彫刻し大黒天を作り、小堂を建てて安置したのが寺の始まりとされている。もとは、修験道場であったのを、空海によって真言宗に改宗し、さらに大乗寺29代、密山道顕大和尚の時に禅宗の寺となり、今に至っている。現在、本堂の他に、七福堂、釈迦堂等が建立されている。

住所 〒583-0847 大阪府羽曳野市大黒499
アクセス 近鉄南大阪線「駒ヶ谷駅」より徒歩5分
料金
設備
お問い合わせ TEL : 072-956-0953
FAX : 072-958-7778
URL

MAP

PAGE TOP