MADE IN OSAKAメイド・イン・オオサカ

交通量の多い運河と港が交わる地であり、多くの商人が訪れ、交易のハブとなり繁栄した大阪。たくさんの世界に誇る日本ブランドが、大阪から生まれたり大阪と密接に関わっていたことは、驚くほどのことではありません。日本の2大飲料メーカー、アサヒ飲料もサントリーも、実は1800年代の大阪で創立されました。マニアックな大阪みやげとして人気の食品サンプルも、大阪に本社を置く会社、いわさき で商品化され、日本全国に広がったのは1920年代。また、1958年には、大阪在住だった安藤百福によって初のインスタントラーメンが開発されました。

当時は小さな規模で展開していたこれらの商品や会社が、いかにして大阪から世界へ飛び立ったのか。そのキーポイントが知りたい方は、ぜひ工場見学へ。アサヒビール吹田工場サントリー山崎蒸溜所、そして池田のインスタントラーメン発明記念館は工場見学ができ、メイド・イン・オオサカを知るスポットとしておすすめです。そして、食品サンプル手作り体験ができる工場もいくつか大阪にあります。

サントリーのウイスキー

大阪は「ものづくり」が盛んな土地です。意外なものも「大阪生まれ」ってことが多いんです。今回は、日本の有名な飲料メーカー「サントリー」についてご紹介。

昔も今も、大阪が誇るものづくりの代表選手 象印マホービンの技術。

家電必需品の1つ、「魔法瓶」。魔法瓶の生産シェアは、日本では圧倒的に大阪が占めています。そして国産魔法瓶が誕生したのも大阪でした。それはその昔、大阪がガラス工業の中心地だったことが、日本の魔法瓶産業の中心地である現在の姿へと通じています。

インスタントラーメン

発明記念館へ行こう!

インスタントラーメン発明記念館へ行ってみましょう!世界初のインスタントラーメンは、ここ大阪で発明されました。おやつにお夜食、残業時の緊急食に災害の時のための非常食と、日々いろんな場面で大活躍する食事。これはもう国民食と言ってしまっていいのではないでしょうか!

登山家の視点から モンベルのものづくり

「山」といえば男の世界......というのはいまや過去のお話。
  • 1

PAGE TOP