コテコテ×ワクワク×ノビノビ!ミナミを3倍、楽しもう

mc_minamix3.jpg
所要時間 : 終日
タイプ : ビギナー向け
料金 : 4400円~

原色ハデハデのグリコの看板、うごめく巨大なカニに赤い灯、青い灯の繁華街......。今も昔も笑いと人情と食が溢れる大阪ミナミは、歩けば多彩な顔がある。たこ焼き、お好み、きつねうどん、"ガハハ"と笑ってすっきりしたら、ブランドショップでココロはセレブ。水掛不動さんにお参りしたら、なんばパークスのガーデンでゆったりのんびり。楽しみ方は自由自在。コテコテ×ワクワク×ノビノビのミナミを3倍、食べ尽くそう。

ルート

地下鉄心斎橋駅よりスタート
1. 徒歩5分 ブランドショップ群
2. 徒歩3分 アメリカ村
3. 徒歩7分 立花通り(オレンジストリート)
4. 徒歩10分 心斎橋筋/戎橋
5. 徒歩5分 法善寺 水掛不動尊
6. 徒歩7分 なんばグランド花月(NGK)
7. 徒歩10分 なんばパークス

1. ブランドショップ群

南北を走る御堂筋と、東西に伸びる長堀通。その交差点に軒を連ねるのが、シャネル、カルティエ、ルイ・ヴィトンといった世界の高級ブランド直営ショップ。多くの店舗が日本最大級の規模を誇り、浪速っ子はもとより、海外からの観光客で連日、賑わいを見せている。路面店だけでなく、大丸心斎橋店や心斎橋そごう内にもブランドショップが目白押し。買うも良し,目の保養もよし。ちょっぴりセレブないい気持ち。

2. アメリカ村

コアな若者のファッション&カルチャー発信基地。御堂筋を西に折れると、ユーズドファッションや輸入雑貨の店が軒を並べるアメリカ村だ。ライブや映画も楽しめる複合ショッピングビル「ビッグ・ステップ」のほか、昔ながらの雑居ビルにも個性派ショップがぎっしり。闊歩するファッショナブルな若者やビルの壁画、街角のオブジェなど街全体がアート&エネルギッシュ。探検気分で歩いてみよう。

3. 立花通り(オレンジストリート)

昔から家具の街として名高かった立花通りが、近年、若手経営者らによってミナミの流行基地に大変身! 職人気質の伝統的な家具屋さんが老舗の暖簾を守る一方で、カジュアルな家具店や雑貨店、スタイリッシュなブティックやオープンカフェなどが次々とオープン。新旧が混在する刺激的なストリートとして注目を集めている。ミナミの西端にあたるこの界隈は"堀江"とも呼ばれ、お洒落なショップやレストランが点在する話題のエリア。大人が遊び、楽しむ街だ。

4. 心斎橋筋/戎橋

http://www.shinsaibashisuji.com/

江戸時代から歴史を重ねる心斎橋筋商店街。近世には書物や琴三味線、呉服などの商いが多く、維新後まもなく洋服を扱う店が登場したとか。ハイカラな人々はその心斎橋筋のまち歩きを"心ブラ"と呼んで楽しんだというから粋なこと。商店街の南の終着点、戎橋は古くは今宮戎への参詣者や道頓堀への観劇客の往来で賑やかだったが、今は若者でいっぱい。お馴染みのグリコの看板でハイ、ポーズ! 川面に映るネオンサインも大阪らしい美しさだ。

5. 法善寺 水掛不動尊

http://houzenji.jp/index.html

ミナミの繁華街にありながら、静かななにわ情緒を漂わせている法善寺。「法善寺横丁」と書かれた門をくぐり、石畳の路地をコツコツと歩けば、線香の香りと共に水掛け不動さんの姿が見えてくる。参詣者が願いを込めてかける水で、お不動さんは全身苔むして緑色。信仰と歴史の深さがうかがえる。小料理屋やバーがひしめくこの横丁は、織田作之助の小説「夫婦善哉」に描かれ、"包丁一本、さらしに巻いて~"で始まる往年のヒット曲『月の法善寺横丁』に歌われた。横丁内にはその歌碑もある。

料金  無料
TEL  06-6211-4162

6. なんばグランド花月(NGK)

http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/index.html

大阪のお笑いといえば、欠かせないのが吉本興業のライブ。その本拠地である「なんばグランド花月」は年中無休(注)。吉本新喜劇や漫才など"ナマ"の笑いを満喫しよう。週替わり公演のため、ホームページなどでご贔屓の出演者を事前に調べておくのもおすすめだ。建物内のショップで販売するレアな吉本グッズをお土産にすれば、クラスや会社で人気者になれるはず!

料金  指定席(1F)前売り・当日とも4,000円、指定席(2F)前売り・当日とも3,500円。※おとな・子どもともに一律料金。5歳以上または身長110cm以上の子どもは座席が必要。正月・ゴールデンウィーク・お盆の特別興行等、一部公演は別料金。
TEL  06-6641-0888

7. なんばパークス

http://www.nambaparks.com/

コテコテ&ワクワク、食べて笑ったミナミの街歩き。締めくくりは広さ約1万平方メートルにおよぶ「なんばパークス」でゆったりのびのび。かつての大阪球場跡に建設された緑豊かな巨大商業施設、その屋上公園「パークスガーデン」は季節の花々が迎えてくれる癒しの空間。のんびりベンチでくつろぐも良し、降り注ぐ陽射しの中、緑を眺めながら食事ができるカフェやレストランもおすすめだ。もちろんファッションや雑貨などのショップも充実。まずはひとときクールダウン、そして再び夜のミナミへ繰り出そう!

TEL  06-6644-7100

追加情報

立ち寄りスポット

とんぼりリバーウォーク リバーサイドからミナミを楽しむのも良し。

味わいスポット

「道頓堀 今井」のきつねうどん、法善寺横丁の夫婦善哉、正弁丹吾亭の味噌おでんなど。

お土産

ミナミの名物天ぷら・大寅。

備考

「今井」は戦前、大阪のジャズメン達に愛された楽器店だった。店の入り口左手、細い路地には、その歴史が感じ取れるグッズが。

PAGE TOP