HOME > 大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市立東洋陶磁美術館 収蔵品
大阪市立東洋陶磁美術館 収蔵品
ボブイメージ 大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館

静寂のなか、作品を最も美しく魅せる美術館。
世界的な質の高いコレクションは豊かな感性を育てる。

中之島エリアの文化ゾーンにある大阪市立東洋陶磁美術館は、1982(昭和57)年に開館しました。世界的にも有名な「安宅コレクション」を住友グループ21社から寄贈されたことがきっかけでした。これら、安宅コレクションの中国・韓国陶磁のほか、李秉昌(イ・ビョンチャン)コレクションの韓国陶磁、日本の陶磁、沖正一郎コレクションの鼻煙壺(びえんこ)など約6,000点を収蔵しています。

東洋陶磁を専門に扱う美術館として、世界的にみても高い水準の質を誇り、収蔵品の中には国宝(2点)や重要文化財(13点)も含まれています。

常設展以外に、年に1~2回特別展や企画展も実施し、それらのテーマに合わせて常設の内容も展示替えを行っています。韓国、日本、中国と国別の展示室はそれぞれに、作品に合わせた照明や展示台、展示ケース、天井の高さなどさまざまな工夫が凝らされ、作品が最も美しく見える状態で鑑賞することができます。

[住所] 〒530-0005大阪市北区中之島1-1-26
[TEL] 06-6223-0055
[営業時間] 9:30~17:00(最終入館は16:30)
[休館日] 月曜(祝日の場合は開館し、翌日休み)、年末年始(12/28~1/4)、展示替え期間
[料金] (常設展)一般500円、高大生300円、中学生以下・障がい者手帳(同伴者1名含む)をお持ちの方・大阪市敬老優待乗車証などをお持ちの方は無料
※企画展・特別展の開催中は別料金となります。
[アクセス] 京阪電車中之島線「なにわ橋」駅(1号出口)からすぐ
地下鉄御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅(1号出口)、地下鉄堺筋線・京阪電車「北浜」駅(26号出口) 各駅から約400m
[URL] http://www.moco.or.jp/index.php

More Info

Bob’sインタビュー
Bobが聞く、博物館・美術館のここがすごい! 学芸員さんたちのそれぞれの研究や展示品の魅せ方など生の声をお届けします。

これ、わかる? QUIZ
博物館・美術館からのクイズ!これが答えられればかなりツウ。
答えは博物館・美術館に行かないとわからない。

スタッフ一押し 立ち寄りスポット!
博物館・美術館がお気に入りのスポットをご紹介。
博物館・美術館に行くついでにちょっと足をのばして散策!

なんでもQ&A
見学時間から、駐車場の有無、外国人対応など博物館・美術館によるユーザーの質問になんでも答えます。

LINK

[展覧会スケジュール] http://www.moco.or.jp/exhibition/sche2009_04.html
[鑑賞の手引き] http://www.moco.or.jp/intro/guide.html