竹内街道・横大路(大道)が大阪府内初の日本遺産認定!

竹内街道・横大路(大道)が大阪府内初の日本遺産認定!

平成29年4月5日に開催された日本遺産審査委員会(文化庁)の審議を経て、「1400年に渡る悠久の歴史を伝える「最古の国道」~竹内街道・横大路(大道)~」が、日本遺産に認定されました。大阪府内では初の日本遺産認定となります。

【竹内街道・横大路(大道)の日本遺産認定】

■認定名称は、「1400年に渡る悠久の歴史を伝える「最古の国道」~竹内街道・横大路(大道)~」です。

■申請者は、街道沿線の10 市町村(大阪市・堺市・松原市・羽曳野市・太子町・葛城市・大和高田市・橿原市・桜井市・明日香村)と大阪府・奈良県で構成する、竹内街道・横大路~難波から飛鳥へ日本最古の官道「大道」~活性化実行委員会です。

■竹内街道・横大路は、推古天皇21 年(613年)に整備されたと伝えられ、我が国最古の国道と呼ばれています。古代には、大陸からの使節団が難波宮から飛鳥京を訪れるとともに、先進技術や仏教文化を伝え、中世には経済都市を結び、近世には伊勢参りの宿場町としての賑わいを見せました。1400 年の歴史の移り変わりを周辺の歴史遺産を通して感じさせる街道です。

お問い合わせ先 【日本遺産に関すること】
06-6210-9900(教育庁 文化財保護課)
【竹内街道・横大路(大道)に関すること】
06-6944-9269(大阪府都市整備部 事業管理室 事業企画課)
06-6944-9275(大阪府都市整備部 交通道路室 道路環境課)
URL

PAGE TOP