観光施設

概要 なにわのシンボルの展望塔「通天閣」。明治45年(1912)、新世界のシンボルとして、凱旋門をモチーフとするビルディングの上にエッフェル塔風の鉄塔が建てられた。高さ64mという当時東洋一の高さを誇ったこの鉄塔は、「天に通じる高い建物」との意味で、明治初期の儒学者・藤沢南岳により「通天閣」と命名された。その後、火災に遭って解体されたが、昭和31年(1956)市民の要請を受けて再建され、現在に至る。2代目の通天閣は103m、初代より39m高い。5階には大阪を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像などがあり、年間70万人が訪れている。通天閣の頂上の丸いネオンは、色の組み合わせで明日の天気を知らせる「光」の天気予報装置でもある(白=晴れ、橙=曇り、青=雨)。また、地階の通天閣劇場では土・日曜日には落語や漫才が、月曜日には各地方で活躍する演歌歌手のステージが行われています。

住所 〒556-0002 大阪市浪速区恵美須東1-18-6
利用時間
利用時間
9:00~21:00(最終入場は20:30まで)
所要観覧時間
30分
定休日 無休
アクセス 地下鉄堺筋線「恵美須町駅」より徒歩3分、「動物園前駅」より徒歩10分
入場料金 大人700円、大学生500円、中高生400円、小人300円
設備
バリアフリー
盲導犬導入/車イスエレベータ
障がい者割引
身障者割引:大人400円、大学生300円、中高生200円、小人100円
問い合わせ先 TEL:06-6641-9555 FAX:06-6641-9559