大阪金剛簾(こんごうすだれ)

大阪金剛簾(こんごうすだれ)

大阪金剛簾(こんごうすだれ)

平安時代の宮中等の間仕切りや装飾に使用された御翠簾が、現在のお座敷簾の原型と言われている。金剛山の簾の良質の竹に恵まれた明暦年間に富田林で竹簾づくりが始まったと言われている。

住所 〒586-0024 大阪府富田林市若松町2-4-25
アクセス 近鉄長野線「富田林駅」より徒歩5分
サービス
お問い合わせ TEL : 0721-26-1190(大阪簾工業協同組合)  FAX : 0721-26-1190
URL

MAP

PAGE TOP